スポンサーリンク

WordPress・ネット収入

WordPress – AFFINGER5 で Google adsens の広告を記事の途中に貼る方法

2014年11月23日

著作者 USDAgov

私のことに関しては、記事の充実は今後の課題ですが、アドセンスの広告の貼る場所を記事の途中にするということは記事の少ない今の時期に始めていたほうが便利です。

プラグインなどを使ってアドセンスの広告を埋め込むのであれば、いつでも場所が変えられますが、記事によってアドセンス記事の貼る場所を変えようと思うと後での貼り替えは大変な作業になります。

かなり迷いましたが、WordPress – STINGER5 の導入をしたことで、ネット検索をしていたところ効率が良いということを知り、Google adsens の広告を記事の途中に貼ることにしました。

その後、有料のAFFINGER4 を購入し、現在はWordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」を使っていますが、こちらは AFFINGER4 よりもかなり使い勝手が良くなり、さすがに有料のテーマだと思っています。

スポンサーリンク

「WING(AFFINGER5)」で Google adsens の広告を記事の途中に貼ることにした

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」は、見出し前の広告は AFFINGER5 管理からできてとても便利になり、私は多用していますが、記事の途中に貼るには、 functions.php を直す方法になります。

functions.php を直す方法は、間違うとワードプレスがエラーになる可能性があるので、バックアップを取ってから作業してください。

ブラグインの、Quick Adsense を使えば、更新のたびに貼り変える必要がなくなります。

STINGER5 を導入したのをきっかけに、クリック率の高い記事の途中に貼ることにしましたが、その時はアドセンスの広告は3個しか貼れませんでしたが、(現在は広告の数の規制はありません)がデフォルトではサイドバーと記事下に2個のアドセンス広告が入っています。

最初は記事下の2個を1個にしようと思いましたが、ネット検索をすると記事下の2個は効率が良いようでしたので、サイドバーの上のアドセンスの広告を外すことにして、他の広告を入れました。

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」はサイドバーの広告はウィジェットで自由に入れることが出来とてもベリになり、作業の手間がかなり省けます。

STINGER5、AFFINGER4 で Google adsens の広告を記事の途中に貼る方法

http://shufulife.com/widgetlogic/

上記のサイトを参考にさせていただきて、Google adsens の広告を記事の途中に貼ることができました。

下の図のように外観をクリック、エディターをクリックして、右側の functions.php を開きます。

記事に貼るアドセンスコードは、「レクタングル(中)(300×250)あるいはレスポンシブ広告など使える広告も多くなっています。

記事中の好きな場所に[◎adsense] と◎を外して入れるとアドセンス広告が表示されます。

プラグイン AddQuicktag にショートコードを入れておくと簡単に入れることができます。

また、プラグイン「Quick Adsense」を使うことでも記事の好きなところに入れることが出来ます。

created by Rinker
¥1,628 (2019/11/18 20:57:32時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。


タグ

-WordPress・ネット収入
-

Copyright© 本とパソコンのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.