スポンサーリンク

WordPress・ネット収入

WordPress の著作権表示改変の是非と変更について

2014年2月23日

自作のテーマを作るほどの知識もない私は、無料のテーマ―を借りて使うことになりますが、これはこれで探すのが大変です。

気にいったからと思ってもそのまま使える無料テーマ―はほとんどありませんから、カスタマイズすることになります。

カスタマイズの仕方もいろいろですし、テーマ―によってスタイルシートの書き方もかなり違っているようです。

テーマによってはテーマを有効化しただけで、フッターに自分のブログ名がフッターにテーマの著作者と一緒に表記されるものもありますが、テーマ―著作者の名前だけのものもあります。

無料でお借りしているテーマ―ですから、テーマ―の著作権は残すのが礼儀だと思っているので、そのようなものはそのまま使うことにしています。

スポンサーリンク

テーマを借りた時の著作権表示h変えてよいのか

そんなことから、無料のテーマ―をお借りした場合の著作権表示について調べて見ました。

あくまでも私がネット内を覗いた程度の知識ですが、WordPressのフォーラムにこんなことが書いてありました。

以下一部の抜粋記事

テーマ作者の「表記を消してはいけない」という注意書きは、個人的なお願いの範囲であり、GPL ライセンスのもとに強制されるものではありません。

ライセンスに基づき、消しても法的に問題がないかどうか?というと、厳密には良い、ということになりますが、その意向を尊重するかどうかは利用者のモラルに照らし合わせた判断によってくるかと思います。

また、他の人の作ったテーマにそのまま自分の著作権クレジットを入れるというのは GPL ライセンスとはまた別に、事実に反する表記という意味で問題であると思いますので、コンテンツの著作権、サイトのテーマの著作権などに誤解が生じないような配慮は必要だと思います。

そのようなことから、併記するのが良いのではないかと思いましたが、ほとんどのテーマ―では併記するような設定になっているようです。

WordPress を取り入れる前にお借りしていた、ホームページの無料テンプレートはテンプレートの著作権が小さく書いてあり、フッター部分には管理者の著作権を書くことが出来るようになっていました。

これらの記事は、WordPress を取り入れて勉強中の私の覚書として書いてみました。

PHP はおろか、スタイルシートを読むのがやっとのわたしが WordPress に引き込まれている日々の記録です。

その後私は、有料の「稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド」を使っているので著作権は入れる必要がなく、自分のサイト名になっています。

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

created by Rinker
¥1,848 (2019/11/12 08:19:56時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。


タグ

-WordPress・ネット収入
-

Copyright© 本とパソコンのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.