スポンサーリンク

眼瞼下垂手術体験

眼瞼下垂についてー網膜剥離の手術後眼瞼下垂になった

更新日:

眼瞼下垂はハードコンタクトレンズの長期使用、老化によるもの、白内障手術後、網膜剥離手術後の腫れが長く続いたことにより起こるもの、生まれつきのものなどいろいろと原因はあるようです。

NHKの「ためしてガッテン」で取り上げられてから知名度が上がったようで、医療機関を受診する人が増えたと言う事です。

私も身の回りで手術を受けたとと言う話を聞くことが多くなっています。

スポンサーリンク

網膜剥離後の眼瞼下垂の手術をすることになる

しかし、自分が眼瞼下垂になるとは思ってもいなかったので、他人事のように思っていましたが、網膜剥離の手術後2ヶ月近く過ぎても腫れがひかず、バックル感染により腫れが引かなかったことからバックル除去手術を受けたので、かなり長いこと腫れていました。

バックル除去後は腫れはさほど長くはありませんでしたが、上の瞼の下がったのは治りませんでした。

目が体質的に良くないようで、2度の手術後の目が赤いのは1年過ぎても治りませんでしたが、1年間目薬をつけていて、その後は目薬はつけなくても良いと言う事になりました。

その時点で主治医にお話しして眼瞼下垂の担当の先生に見ていただくことになりました。

その先生の話では軽度の眼瞼下垂と言う事ですが、左目に比べてかなり細くなっているので手術をしていただくことにしました。

左目も老化によって下がっていると言う事でしたが、私は右目を左目に合わせて片方だけの手術をお願いしました。

そんなことから、眼瞼下垂の手術をしていただくことにしましたが、眼瞼下垂の手術は形成外科でするのが多いのかと思っていましたが、形成外科のほか、眼科でもしているようです。

眼瞼下垂の手術は、美容目的の手術が多いようなので、美容整形外科でしている方がかなり多いようでした。

形成外科や眼科は健康保険が使えますが、美容整形外科では健康保険の使えるところと使えないところがあるようでした。

私は美容整形外科にはあまり詳しくありませんので、ネットで少ししらべましたが、ほとんど見当が付きませんでした。

網膜剥離の手術後ですので、私の場合はそれに対応できるような病院で受けるのが最適だと思いました。

他の病気のお医者さん探しはしたことがありますが、眼瞼下垂の場合窓口が広く、医者選びがとても難しいと思いました。

2014-06-13
スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-眼瞼下垂手術体験

Copyright© 暮らしの根っこー萌のつぶやき , 2018 All Rights Reserved.