スポンサーリンク

パソコン・モバイル・家電

無制限に高速通信(LTE)が使える格安SIM

2016年6月28日

著作者:馬町X馬叔 UncleMartin

毎日動画などを1時間以上見ると月に10GBを超えてしまいます。他のSIMでも10GB対応のSIMがありますが、高額にになります。

そのような方は、データー通信が無制限の格安SIMを選んだ方が良いのですが、無制限プランは実際に出る通信速度が遅い場合があるので注意が必要です。

Google Play MusicやApple Music等の音楽ストリーミングサービスを長時間使う場合にも無制限プランがお勧めですが、その場合は通信速度が遅くなることを承知で選ばないといけない場合もあります。

1日に20分くらいですと3GB~4GBを選んだ方が高速通信が使えて安くなる場合があるので使い方を考慮に入れて選ぶ必要があります。

スポンサーリンク

高速通信(LTE)が無制限に使えるデータSIM

au系でだったUQ mobileは、今はドコモもソフトバンクの機種も使うことが出来るようになって、3日間で6GB使うことができるので、1カ月に最大60GB使えることになり1年間月間1980円で使うことができます。「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」は、利用開始日から12ヶ月間の最低利用期間があり、それ以内に解除すると契約解除料(9,500円)がかかるので、申込時には気を付けた方が良いようです。

docomoエリア対応のU-mobileは、月2480円でLTE使い放題ですが、通信速度にむらがあるという口コミがあります。

ぷららモバイルLTEの定額無制限プランでも高速データ通信を無制限に使うことができますが、実際に出る通信速度がかなり遅くて安定していないようですが、U-mobileよりは良いという人もいるようです。

日本通信のb-mobileには月額1980円で高速データ通信が無制限に使えますが、動画を見ると読み込みがかなり遅くなるようです。

このように通信速度はあまり良いとは言えないようですが、それを承知で使いたい人は下記におおよその価格を載せておきますので参考程度に選んでみてください。

よほどのことが無い限り2年縛りのあるMVNOに加入するときはよく考えた方が良いと思います。

UQモバイル

KDDIグループの会社が運営するau系ですが、現在はドコモ、ソフトバンクン格安SIMがあり、無制限に高速通信(LTE)が使える格安SIMの中では評判が良いようです。

データ無制限+音声通話プランには、最低利用期間内に解約された場合は、契約解除料(9,500円)がかかります。

UQ mobileには、「iPhone」「スマホ」など一緒に契約できる機種あるのも魅力になっているようですが、それらの料金についてはホームページで良く調べることをお勧めします。

また、UQモバイルSIMで使える機種も書いてあるので、それらを調べて後悔しないようにすることが大切です。

月額料金 データ容量
データ無制限プラン 1980円 月間データ容量無制限で 送受信最大500kbps
データ無制限+音声通話プラン 2680円

U-mobile

NTTドコモのLTEに対応したデータ通信サービスなので、2年縛りが切れたドコモ系のスマホやiphoneが使えますが、動作確認機種を確認した方が無難です。

また、他社に先駆けてLTEの使い放題プランの提供を開始し、データ容量や速度制限を気にしないで使いたいユーザーには喜ばれていますが、通信速度が不安定のようです。


U-mobileの特徴は安全に使えるWiFiスポットが全プランで無料で使えるので、使い勝手は良いようです。

最低利用期間・解約時の違約金は、プランによって異なるので各プランのページでご確認することが大切です。

プラン名 月額料金 最大受信速度 高速通信容量 最低利用期間
通話プラス LTE使い放題 2,980円 225Mbps 無制限 6ヶ月
通話プラス LTE使い放題2 2,730円 225Mbps 無制限 12ヶ月
データ専用 LTE使い放題 2,480円 225Mbps 無制限 なし
データ専用 LTE使い放題 2,980円 225Mbps 無制限 12ヶ月

U-mobileは、iPhone保証サービス付きの『U-mobile for iPhone』を2016年9月下旬に提供し、月間のデータ通信容量が25GBとなる新プラン『U-mobile MAX 25GB』も10月から提供開始。前者の月額料金は2980円(税別、以下同)、後者は2380円。

本端末の「つながる端末保証 by U-mobile」は、登録したiPhoneを年2回まで、1回の上限額が5万円で正規修理が受けられます。登録できるiPhoneは、『U-mobile for iPhone』契約時点で、過去3年以内に発売されたものを対象としています。

b-mobile

b-mobileは、日本におけるMVNOの先駆けで日本通信が提供するドコモ系モバイル通信サービスです。

おかわりSIM 5段階定額のなどの特長あり、利用の多い月、少ない月のバラつきがあっても、使った分だけのお支払いなので無駄がなく、上限の最大が1,500円なので安心して利用できる格安SIMです。

おかわりSIMで有名なb-mobileの、「b-mobile SIM 高速定額」「b-mobile SIM ライトプラン」の新規申し込み受付は終了したようです。

DTI SIM

今まで月1GB・3GB・5GB・10GBの4つの月の高速通信が可能のプランが出ていましたが、10GBプランを廃止して月額2200円で無制限プランに変更になりました。

DTI SIMは今まで10GBプランを利用していた方は自動的にネットつかい放題プランへと変更、一部を除いてつかい放題プランでの速度制限もなしになりました。


月額780円で5分以内の国内通話がかけ放題のオプションもあり、実際に出る通信速度も速めのようで、口コミも良いようなのでお勧めSIMになっています。

DTI SIM データプラン データ容量
1GB 3GB 5GB ネットつかい放題
DTI SIM データプラン(月額料金) 600円 840円 1220円 2200円
DTI SIM データSMSプラン(月額料金) 750円 990円 1370円 2350円
DTI SIM 音声プラン(月額料金) 1200円 1490円 1920円 2900円

iPhoneが使いたいという人には、スマホレンタルオプションというものもあり、iPhone6sが月3,600円、事務手数料2,000円がかかり2年が過ぎた時点で自分のものになりますが、その間は2年縛りでいろいろな制約がありますので、利用する時はよくお調べになった方が良いようです。



まとめ

それぞれのMVNOで特徴はあるようで、通信速度においてはあまり満足感が得られていないようですが、どのMVNOにおいても通信速度は波があるようですし、無制限データー通信ができることから使いみちによってはかなり安価に使えるのではないかと思います。

MVNOによっては縛りのあるところもあるようですので、加入時はよくお調べになっての加入が満足につながると思います。

created by Rinker
¥968 (2019/11/14 08:18:10時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。


タグ

-パソコン・モバイル・家電
-,

Copyright© 本とパソコンのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.