スポンサーリンク

白内障手術体験

右眼白内障手術後1カ月の見え方と左目の白内障の手術

更新日:

右眼の白内障の手術後1カ月余りが過ぎ、見え方も少しずつ落ち着いてきましたが、眼鏡をつくっていないので乱視のために少し見えにくい感じはしています。

網膜剥離後の白内障の手術だったために飛蚊症のことなどもあり、少し縫っているので角膜乱視が出てしまったようですが、見えにくかった新聞やパソコンの文字なども読めるようになり楽になっています。

眼鏡をつくる時期は1ヶ月から3ヶ月ということですが、乱視が残るようでしたら、レザーで治してくださるということなので、まだ眼鏡をつくらずに様子見ということになっていますが、近くだけでも眼鏡で矯正すればかなり良くなっていると感じることができます。

網膜剥離の手術をしていますので、普通の白内障の手術のようにすぐに見えるようんいなるとは思ってもいませんでしたし、その通りなのですが、思っていたよりは良い方向になって安心しています。

スポンサーリンク

白内障手術後1カ月の右目の見え方と左目の白内障の手術

右目の白内障の手術後1ヶ月が過ぎ、左眼の白内障の手術を先日受けました。

今までに網膜剥離の手術、手術後の感染症のためのバックル除去手術、眼瞼下垂の手術と何度も眼の手術を受けていますが、やはり緊張します。

左眼の白内障はかなり進んでいたのですが、右眼が効き目なので左眼の見え方が良くなってしまうとアンバランスで困ることになるのは、網膜剥離の手術後に経験していたので、左眼の手術は後にしてもらいました。

1ヶ月間かなり見えない左眼と白内障の手術後の明るい目で見ていたのですが、両眼の手術後の視界の色は明るく世界が広がったような感じがしました。


手術後の眼は明るい蛍光灯の色のように見えているのに比べて、手術前の眼は薄暗い電球の中にいるような感じでした。

それが、手術後の眼は両方とも明るく見えるようになったためにそれまでとは違った明るい世界を体験出来て、片方でも驚いたのですが両目の明るさは世界が晴れたような感じでした。

右目がそうであったように術後1日目で眼帯を外したばかりでは視力検査の数値が出ませんでしたが、左眼も右目と同じような感じでした。

手術後1カ月過ぎた右目は焦点距離を近くに合わせているために、視力検査の矯正では1.2位まで見えたので驚きました。

網膜剥離の手術前日もそれ以前も、矯正視力は1.2だったのですから網膜剥離になる前の視力まで戻ったことになります。

網膜剥離になる前もそれ以後も眼鏡をかけていたのですが、それらの眼鏡はあわなくなっているので、日常の中ではそれほどの恩恵は受けていませんが、眼鏡をつくれば見えるのだという思いはとてもうれしいものです。

ただ、検査視力は出ても、飛蚊症と、左右の目のバランスは良くならないので、網膜剥離手術前ほどの見え方にはならないと思っています。

近視で、遠くが見えないので、眼鏡をつくりたい気持ちはとっても大きいのですが、左眼の手術から今日2日目なので、もうしばらくは辛抱する必要がありますし、左眼はまだまだどのくらい見えるようんいなるのかさえ分からない状態です。

人によって白内障の手術後の視力の安定時期は異なるのだろうと思いますが、私の場合もかなり時間が必要なのではないかと思っています。

網膜剥離の手術後など、6ヶ月以上も視力が戻った経験があるので、しっかりと安定するまで待って眼鏡をつくりたいとは思っています。

焦点距離は手元にしたので、以前と少し変わった程度なので、遠くを見るには今の眼鏡でもさほど不便を感じないのですが、はっきり見えなければならない近くが見えにくいので、近く用の眼鏡はあまり待たないで作ってしまうかもしれません。

網膜剥離の手術をするまでは、急激な視力変化を経験したことがないので、視力が徐々に変わっていくという経験はとても不思議なことだと感じることになりました。

この視力の戻り方は目だけではなく、脳の視神経も一緒に頑張ってくれているのではないかと思わざるを得ません。

そのようなことを考えると、現在は眼帯をしている方を見なくなったことに納得を感じることになりますが、最初に網膜剥離の手術をした病院では9日間の入院期間ずっと眼帯でガードしていたことが信じられない気がします。

眼帯してガードしていながら、感染症になってしまったことと、今の病院では次の日に眼帯を外しても洗顔、洗髪は禁止で目に1滴の水を入れてもいけないと注意を受けた上で実行すれば、感染症を防ぐことができるのですから考えさせられてしまいます。

病気に絶対はないと思いますが、リスクの差はごくわずかではないかと今は感じています。

白内障の手術は日常的に受けているのをお聞きしていたのですが、目に傷をつけるのでから甘く見てはいけないことなど自分で受けて感じることも多くありました。

現在はかなり多くの診療所や病院で白内障の手術を受けているようですが、その人の眼の状態によっては、普通の診療所では受けられない人がいること(私の場合がそうであって)同じ手術であっても、術者の技術は千差万別だと考えさせられました。

手術を受けた人も、満足度の高い人と見え方が満足できない人がいるということも多いことを知り、人間の体が一様でないことと、医師の技術の多様さなど様々なことを感じました。

スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

-白内障手術体験

Copyright© 暮らしの根っこー萌のつぶやき , 2018 All Rights Reserved.