スポンサーリンク

WordPress・ネット収入

ファビコンの作り方と WordPress 表示させる方法

2014年10月25日

今までファビコンを使うことがなかったのですが、WordPress のテーマをお借りして使うとファビコンまで入ってしまうことがありました。

お借りしたテーマですので著作権は残しておくのが常識だとは思っていますが、ファビコンは違和感を覚えてしまうので、変えることにしました。

スポンサーリンク

ファビコンの必要性と効果を考えたつくり方

ファビコンは下記の様に表示される16x16ピクセルの小さなアイコンで、ico 形式で表示します。

ファビコンのつくり方

私は64x64ピクセルで好きなデザインでソフトで作っておいて「複数サイズのサイトアイコン(ファビコン)を簡単作成」を参考に作りました。

簡単に作ったデザインを「x-icon editor」での作り方が解説されていますが、とても簡単に作れました。

「Export」で「favicon.ico」という名前で保存されますのでそのまま使うことができます。

サイト上に表示させる

ここではWordPress に表示させる方法の説明になりますが、出来上がった「favicon.ico」を WordPress を入れている場所の「index.php」と同じフォルダ内にFTPツールを使ってアップロードします。

WordPressを、「wp」というフォルダに格納している場合、wpフォルダ内にアップロードします。

アップロードが済んだら外観⇒テーマ編集をクリックしてヘッダーを開きます。

ヘッダータグ内の <head>~</head> の間に下記のようなリンクをおきます。

わかりやすいように「」のすぐ上にタグをおきましたが、これで表示されました。

現在は、WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」を購入して使っているので、ファビコンも AFFINGER5 管理で設定できるので、バージョンアップのたびに直す必要がなく便利になりました。

created by Rinker
¥1,848 (2019/11/19 20:10:18時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。


タグ

-WordPress・ネット収入
-

Copyright© 本とパソコンのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.