スポンサーリンク

アドラー

本・読書感想・映画

2019/2/23

『幸せになる勇気』岸見一郎 古賀史健|アドラー心理学実践

『幸せになる勇気』は『嫌われる勇気』の続編であり、アドラー心理学のより実践的な内容を書いています。 私は『嫌われる勇気』も発売当時に読んでいますが、『嫌われる勇気』よりも実践的である『幸せになる勇気』の方を難しいと感じました。 文章は読みやすく難しいところはないのですが、現在の私がいざ実践しようと思った時にとてもできないのではないかということです。 『幸せになる勇気』はアドラー心理学を少しわかった段階、『嫌われる勇気』を読んでからの方が理解しやすいのではないかと思いました。 スポンサーリンク 『嫌われる勇 ...

生き方・文化・伝統工芸品

2019/2/26

『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え』 岸見一郎著ー本当にトラウマはないのか

フロイトからユング、アドラーと言う心理学者の入り口に入って見ましたが、それぞれに納得できるところがありますが、とても難しいと思いました。
私が理解できる範囲で、私の納得できる生き方をするほかはないような気がしています。

本・読書感想・映画

2019/2/23

嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教えを読んで

アドラー心理学は現在のわたしの生き方にとてもなじんでくれそうでした。
過去も未来も考えないで現在を真剣に生きると言う生き方は今のわたしが実践しようとしていることだったからです。

本・読書感想・映画

2019/2/23

嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教えを電子本で読みました。
フロイト、ユングの著書は分からないまでも少し読んだことがありますが、アドラー心理学は初めて読みました。
過去や未来を考えることなく、現在を生きるという生き方には納得が出来ました。

Copyright© 暮らしの根っこー萌のつぶやき , 2019 All Rights Reserved.