スポンサーリンク


ドキュメンタリー

本・読書感想・映画

2020/11/8

『火車』宮部みゆき著ー多重債務を書いて現在の闇の部分をえぐり取る

都知事選に出馬した宇都宮健児氏が多重債務に陥った人を助けた弁護士のモデルとして書かれているということを知り、購入していた宮部みゆき著『火車』を読了しました。 『火車』は第6回山本周五郎賞受賞を受賞したミステリー小説です。また2008年に賞創設から20年間のベスト・オブ・ベスト1位に輝いています。 サラ金社会問題として大きくなった昭和50年後半から、宇都宮健児がモデルの溝口悟郎弁護士が自己破産を扱って多重債務者を助けることに力を注いでいました。 スポンサーリンク 『火車』のあらすじと感想 私はミステリー小説 ...