スポンサーリンク

病気・医療

私たちも年齢が上がるにつれて、様々な病気とともに生きなければならなくなってきています。
私は若いころから(結婚してから)自慢にもならないくらい病気を身近にして生きてきましたし、命にかかわるような病気もしてきました。

そのように生きてきたことにより、得られたことも多かったのではないかと今は思っています。
そのようなことから、一病息災というような生き方をしてきましたし、病気をしたことによりより多くの立派な先生との出会いもありました。

医療に人生を賭けた生き方は、私の生き方にも少しは影響を与えてくれたのではないかと思っています。

その他の病気・医療

2019/3/26

ピロリ抗体検査(ピロリ菌)が陽性で除菌を受けた

健康診断で胃ハイリスク(ABC)検査を受ける機会があり、初めての血液検査を受けた結果ピロリ菌が陽性となり胃カメラ検査を受けることになりました。 ピロリ菌は赤ちゃんの頃に感染するらしく、現在の若い方は陽性の方が少ないということですが、私は上下水道が完備する前に生まれていたことから、ピロリ菌に感染していたようです。 血液検査でわかるということで何気なく受けた検査で陽性になっていたことに驚き、胃カメラ検査を受け、除菌をするために胃腸科専門医を受信しました。 スポンサーリンク 胃ハイリスク(ABC)検査とは 胃ハ ...

手根管症候群

2018/9/11

手根管症候群の内視鏡手術から2年握力もしびれも治る

手根管症候群の手術を受けてから2年目の診察がありましたが、しびれも握力もほとんど元どうりになっているということでした。手術前に診察を受けた時はかなりひどい状態だったことから、しびれや握力は元のようには治らないかもしれないということでしたが、2年目の診察で改善が思ったよりもよく、運が良かったと主治医がおっしゃったことからこのように良くなる人ばかりではないのだと改めて感じました。 手術前は車を運転していてもハンドルを握っているのさえ大変な状態だったことを思いだしました。症状がひどい時は毎日のように痛さやしびれ ...

メニエール病・突発性難聴

2017/9/22

メニエール病はストレスが関係していると思う

メニエール病と診断されたときは、仕事が残っていたのでどうしようという思いもありましたが、それが終わってから入院したいと言ったら先生から叱られました。 なんとかやりくりをして、入院して体を休めることが出来るとわかった時は、かなりほっとしたので疲れていたようです。 体が悲鳴を上げたのだろうと今は思っています。 スポンサーリンク 夫の転勤での引っ越し、娘の結婚式など物理的な忙しさの他、心のストレスも限界になっていた 定年まで8年近くあったが、良い土地があったので、300キロ離れたところに家を建てることにして、2 ...

手根管症候群

2017/9/21

手根管症候群の手術後一年、しびれはかなりらくになった

上は手術後1日目の写真 右手の手根管症候群の手術を受けて一年が過ぎるころにはしびれもかなりとれてきて、握力もかなり戻ってきました。 両手が手根管症候群になり、かなり痛く、しびれて、握力もなくなっていましたが、手術後は痛みは楽になったようですが、しびれはとれず、握力は手術のためにかなり落ちて、いろいろなことに支障が出るようになっていました。 スポンサーリンク 手術後1年が過ぎようとしたころ、しびれもとれ、握力も戻った 手術後1年が過ぎようとしたころ、しびれは、頚椎症性脊髄症の後遺症と思われる指先のしびれが少 ...

肩凝り・五十肩・肩腱板断裂

2017/9/21

頚椎症性脊髄症の手術後のひどい肩の痛みは肩腱板断裂と診断された

頚椎症性脊髄症の手術後は病院でリハビリをしていただいていたので、痛みは感じていないようでしたが、家に帰ってからは徐々に肩が痛いというようになりました。 首の筋力が落ちたために首を支えるために痛みが増幅したのではないかと思っていましたが、治ることが時間が過ぎていきました。 良くなる気配がないままに腕の痛み、手のしびれと症状が増していき、手のしびれと痛みの方がつらくなったころに、手根管症候群と分かり、手術をしたのですがその後も肩の痛みは消えませんでした。 スポンサーリンク 肩の痛みは整形外科で精密検査をした結 ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/20

頚椎症性脊髄症の手術後の肩凝りが軽減ー趣味の園芸に支えられて

著作者: geezaweezer 頚椎症性脊髄症のために入院手術後、間もなく3ヶ月になろうとしています。 退院当初の夫は頸椎の筋力が弱くなったために、強い肩凝りに悩まされていました。 その肩こりも、かなり広範囲のようで、強い凝りの痛みの場所も移動すると言う事でしたが、この頃かなり改善してきているようです。 スポンサーリンク 頚椎症性脊髄症の手術後の肩凝りが軽減したと思えるくらい好きな園芸を楽しんでいる 会社に行っていたころはデスクワークでしたが、定年後は私が趣味にしていた園芸にのめり込んでいたので、その作 ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/20

頚椎症性脊髄症の手術後の肩こりはいつ治るのだろうか

著作者: Schristia 頚椎症性脊髄症のため手術をして1ヶ月、退院して5日が過ぎた夫は肩こりに悩まされているようです。 退院後の肩こりは治るまでに時間がかかると言われての退院でしたが、やはり家に帰ってくると入院していた時のようには行きません。 入院中は午前中と午後にリハビリがあり、その後肩をもみほぐしてもらってベッドに横になっていたようですが、今はしっかりと肩をもみほぐしてもらう事も出来ないし、リハビリも病院のようにはできていないのかもしれません。 スポンサーリンク 頚椎症性脊髄症の手術後の肩こりは ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/20

頚椎症性脊髄症の手術後は肩こりに悩む

頚椎症性脊髄症のため、入院手術をした夫はリハビリも順調に終わり入院から1か月後の4月5日に退院をしました。 右手の小指を除く指先のしびれが残っているものの、症状は大方消えたようで、入院前より元気なようでですが、長くベッドの上の生活だったために少しずつ体力を戻していかなければならないようです。 スポンサーリンク 頚椎の手術後は肩こりに悩む方が多く時間をかけて直す必要がある これは頸椎を手術した方のすべてに当てはまることのようですが、首の手術をした後は、首を支える筋力が極端に落ちるために、かなりひどい肩凝りに ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/19

頚椎症性脊髄症のための頚椎手術後間もなく3週間、手術前の辛さが取れていた

著作者: Vox Efx 1914年3月30日に、2日後に術後3週間になる夫に会いに病院に行きました。 リハビリも終わったようで、手術前とは別人のように元気で、明るい夫になっていました。 それ以前のつらい症状が右手先の4本指のしびれだけが残っているものの、生活するには不便を感じることもなくなった上、様々なリハビリを行った結果体調はかなり良くなったようで、症状が出てから1年近かったつらい症状から解放されたことが大きいようでした。 スポンサーリンク 頚椎症性脊髄症のための頚椎手術後間もなく3週間がすぎ、退院ま ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/19

頚椎性脊髄症の手術8日後に抜糸、頸椎カラーも外す

著作者: clint.mason_sa 3月21日からは3連休のところも多く、娘夫婦の運転で夫のところに向かったが、高速道路もかなり混雑しているうえに、冷たい風の強い日になってしまい車が風にあおられて大変でした。 ニュースでは東北地方は吹雪になっており、停電しているところも多いようでかなり大変な状態になっていることを車の中のラジオは報道していました。 この前の面会日は昼近くに行ったために、昼食前の検温、血圧測定、早めの昼食になり待つ時間が多かったので、今日は昼食の済む時間帯に行くことにして、昼食を済ませて ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/19

頚椎症性脊髄症の手術5日目の夫はコルセットはしていたが元気だった

3月11日に頚椎症性脊髄症のため頸椎の手術をした夫は、3日目から補助車を使って歩き始めていましたが、4日目からは何もなしで歩いて5日目に会った時は今迄と同じように歩けるようになっていました。 昼少し前に着いたので昼食が終わるのを待って、皆さんが面会に使う部屋でしばらく話してきました。 遠くて毎日いけないのが寂しかったのか、いつもは無口な夫がかなり話していました。 スポンサーリンク 頚椎症性脊髄症の手術5日目の夫はとても元気で、いつもより饒舌だった 足のしびれはほとんどないようで、肩の痛みもなくなっているよ ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/19

頚椎症性脊髄症手術2日後に痺れもかなり改善、歩いていると電話があった

頸椎の手術をしたのが11日なので今日で(13日)2日過ぎたばかりの夫から電話がありました。 予定では昨日はカラーを付けてベッドから起き上がる練習をするとのことで、今日は歩けるようになると言う事でしたが、電話までできるとは思ってもみませんでした。 スポンサーリンク 頸椎手術2日後に痺れもかなり取れて歩いていると電話があった 私も近かったら毎日様子を見に行くのでしょうが、かなり遠方なので行くことが出来ず何かと心配していましたが、手のしびれや肩の痛いのが治ったという事でしたので本当に良かったと思いました。 聞い ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/19

頚椎症性脊髄症の治療のための手術を受ける

夫の頚椎症性脊髄症の治療のための手術日の3月11日の朝が来て、私と娘は宿から病院にと向かいました。 8時50分に病室の前に着くと、男性の看護師さんが手術についての説明と準備をしていました。 少し待っていると看護師さんが出てきましたので挨拶をして、カーテン越しに夫を見ましたが、点滴中で昨夜から続けていた3本目の点滴ががかなり少なくなっていました。 現最入れている点滴は手術室で他の点滴に変えるそうで、それまでになくなるように入れている点滴のようです。 スポンサーリンク 夫が手術が終わって部屋に戻るまでの3時間 ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/19

頚椎症性脊髄症の詳しい術前説明に安心感を抱く

それまでの数回の検査結果はその都度画像を見ながら教えていただいていましたが、今迄のまとめのように丁寧な症状説明と手術の仕方、可能性のある副作用について詳しい説明をしていただきました。 専門的なことはかなり難しく、私にどのくらい理解できたかわかりませんが、私の理解できた範囲で症状と手術の仕方を書いておこうと思いました。 これは医学に無知な私が手術を前にして、先生から説明をしていただいて理解できた範囲ですので、専門的なことは専門サイトを参照していただきたいと思います。 スポンサーリンク 頚椎症性脊髄症の詳しい ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/19

精検後の診察があり、頚髄症性脊髄症の手術の詳しい日程が決まる

造影剤を入れて頸椎から脊髄の精密検査の後の主治医の診察日でした。 その時に写した断層の頸椎の映像フイルムをシャウカステンで見せてくれながら夫の頸椎の症状を説明していただきました。 素人のわたしでも頸椎の変形が分かるような丁寧な説明でしたので、状態はあまりよくないことがわかりました。 スポンサーリンク 精検後の診察があり、頚髄症性脊髄症の手術の詳しい日程が決まり、入院準備 そして、手術は首の後ろから行う事、手術をしてもすぐにすべての症状が和らぐことはないかもしれないが、徐々に良くなっていくだろうが、症状が残 ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/19

頚椎症性脊髄症の手術するための2泊3日の検査入院

頚椎症性脊髄症の手術のための循環器系の検査と脊髄に造影剤を入れてはっきり見るための検査入院が、2014年1月23日から25日にかけてありました。 前日になって風邪をひいてしまい心配しましたが、何とか検査が出来て一安心しました。 脊髄に造影剤を入れての検査は午前中にあったようですが、造影剤を出すために次の日の退院間際まで点滴をしていたようです。 スポンサーリンク 頚椎症性脊髄症の手術するための2泊3日の検査入院 あくまでもこれは検査のための入院なので、それで何かが変わると言う事はありませんが、病気によっては ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/19

MRI の検査後、頚椎症脊髄症の手術に向けて準備が始まる

現在見ていただいている頸椎脊髄センターに行った時点で、手術は覚悟していましたが、手術待ちが多く、手術は6月以降になると思っていましたが、キャンセルがあったために3月の初旬に手術ができることになりました。 それ迄にもわかっていたことですが、MRI検査の結果、椎間板が変形して脊髄液が流れにくくなっていると事でした。 スポンサーリンク 手術日が決まり MRI の検査後、頚椎の手術に向けて準備が始まる 私も MRI の画像を見せていただきながら説明ををお聞きしましたが、医学的に詳しいことは理解できないまでも脊髄液 ...

頚椎症性脊髄症

2017/9/19

頸椎症脊髄症で手術を考えたときは専門病院を早めに受診したほうが良い

著作者: marfis75 頸椎症にもいろいろな病気があるようですが、手術を受けなくてもあまり予後が悪くないものもありますが、頸椎症脊髄症は「歩行障害」両腕に麻痺が起こってボタンのはめはずしができなくなったり、箸を持てなくなる「巧緻(こうち)運動障害」「膀胱直腸障害」などもあるため手術が勧められることが多いようです。 初期症状で、症状が軽い場合は保存的治療も行うようですが、進んでしまった場合は手術になるようです。 スポンサーリンク 頸椎症で手術を考えた方が良いときは専門病院を早めに受診したほうが良い 頚椎 ...

スポンサーリンク

お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

Copyright© 暮らしの根っこー萌のつぶやき , 2019 All Rights Reserved.