スポンサーリンク

生命・医療・損害保険

私が父を介護していたころは70歳以上は医療費が無料でしたが、現在は医療費はもちろん介護保険も1割負担になっています。

そのような時代背景を迎えたころに、我が家は夫と私の医療保険の見直しを考え始めました。

その頃、夫はまだ病気をしたことがなく健康でしたが、私は少し前にメニエール病になっていたので、病気があっても入れる医療保険しか入れず、収める保険料のわりには少ない給付金でしたが、思いがけないことが起こった時のお守りに入ることにしました。

現在、2人で病気をすることが多くなり、夫の方は給付金が多いことからほとんど賄うことができて助かっています。

私の方はあまりお得感がありませんが、長い治療を受けるようなことになった時の安心料だと割り切りました。

ここでは年齢による医療費の負担やどのくらいの額の医療保険が適切なのだろうかとか詳しく書いてみようと思います。

生命保険は思わぬ病気になった時に家族が生活していくためにとても大切なものですが、そのために現在の生活にしわ寄せが来るようでは困ります。

ご自分のライフスタイルをよく知った上で、適切な保険にはいらなければなりませんから、年齢、子供のいるかいないかなど、人それぞれに違った保証を考えなければなりません。

また、生命保険の医療特約はその終身でない生命保険の場合、生命保険が切れた時には医療保険も無くなりますので別々に加入することが必要です。

確実に相続させたい人がいる場合は、終身の生命保険に入ることは良いことかもしれません。

生命保険もライフスタイルによって考え方が違ってきますので、目的に合った保険を選ぶことが大切になります。

生命・医療・損害保険

2019/2/19

保険は必要最低限にして貯蓄をしたほうが良い

保険に入るのは、人それぞれに思い入れや考え方があると思いますが、親が生活に困っていなければ、結婚前はあまり保険は必要ないかもしれません。 しいて言えば親に面倒をかけないように、病気になった時に必要な経費を賄えるくらいの医療保険で良いのではないかと思います。 スポンサーリンク いざという時に最低限必要な保険の加入をして貯蓄をしたほうが良い しかし、結婚をして子供が生まれたら、子供が成長するのに最低限必要な保険は入っておいた方が良いでしょう。 それも人それぞれで、奥さんに収入がないのとあるのでは異なってきます ...

生命・医療・損害保険

2019/2/19

高齢者は医療保険と介護保険で賄えないものがある

著作者: rexboggs5 本当に必要な保険は、子供が小さいとき、働き手に万が一のことがあった時や、自動車事故などで支払不可能な金額ができたとき火災や天災で、住む場所が無くなった時です。 しかし、現在は誰の身にも降りかかる老後のことを真剣に考えなければなりません。 私は、つい最近まで、あまり真剣に考えることがありませんでした。 スポンサーリンク 高齢者は高額な保険に加入するよりも貯蓄に回したほうが良い 私の父は10数年前に長く患って亡くなりましたが、医療費はかかりませんでしたし、介護保険の負担もありませ ...

生命・医療・損害保険

2019/2/19

3大(特定)疾病保障定期保険と利率変動型終身保険

3大疾病とは「がん」、「脳卒中」、「急性心筋梗塞」ですが、3大(特定)疾病保障定期保険に加入していれば、死亡もしくは高度障害状態にならなくても、3代疾患にかかり、所定の要件を満たせば保険金を受け取れる保険です。 また、利率変動型終身保険は、一定期間ごとに予定金利が変わる保険なので、それらの仕組みを理解して入る必要があります。 保険はその時々の状況によって良い保険の条件も変わるのでかなり難しいところがあることから、生活スタイルに合わせて選ばなければなりません。 ここではその仕組みを説明しています。 スポンサ ...

生命・医療・損害保険

2019/2/19

定期保険特約付き終身保険と災害や入院などを保障する「特約」

保険はかなり難しく、勧誘された保険に入って後で後悔することになる可能性もあります。 約款にその保険の内容は細かく書いてあるのですが、細かい文字で厚い約款を読むのはかなりしんどいし、回りくどく書いてあり理解しにくいものです。 そのようなことからシンプルな保険に加入するのが良いようです。 スポンサーリンク 定期保険特約付き終身保険と災害や入院などを保障する「特約」 定期保険特約付き終身保険は、終身保険をベースにして、さまざまな定期保険を特約として付加した商品で保険の中では主流になっているようです。 さまざまな ...

生命・医療・損害保険

2019/2/19

火災保険の見直しで分かった火災保険の仕組み

Hey Paul 我が家の火災保険は家を建てたとき、当時の住宅金融公庫から資金を借り入れた際に加入した保険でした。 格安な保険を20年間前払いしてありましたが、家財保険はついていなかったので、別の保険に入っていました。 地震保険に加入していなかったので、不安感を持っていたところ、東日本大地震が起きて、地震の被害は少ないと言われていた我が家の付近でも、屋根の瓦が落ちるなどの被害がでました。 地震保険に入らなければという思いが募り、ネットで調べ始めましたが、保険はかなり難しそうでした。 保険の仕組みは難しいの ...

生命・医療・損害保険

2019/2/19

保険会社が決めた医療保険のルールを知る

医療保険に加入しようと思ったら、知らなければならないのは保険のルール(約款)です。 入院給付金や手術給付金は、保険会社が決めた約款に基づいて給付されます。 こんなはずではなかったと後悔しないように最低限のルールは知っておくことが大切です。 スポンサーリンク 保険会社が決めた医療保険のルールー入院給付金の免責 数年前までは4日間は免責のタイプがが多かったのですが、現在は免責1日というものが多くなり、2日以上入院すると1日目から給付されます。 入院給付金の支払い限度日数 医療保険の入院給付金は原則として「支払 ...

生命・医療・損害保険

2019/2/19

がん保険の必要性―働き盛りの人はシンプルなものに入りたい

がん保険は、ガンだけを保障する商品で、最大の特徴は入院給付金に制限を設けていないことです。 ガンは他の病気に比べて転移や再発の可能性が高いことから、入院、退院を繰り返す人が多いようですが、入退院を繰り返しても保障されるのが魅力です。 またガン保険は「入院給付金」に加えて「診断給付金」と「手術給付金」がついたものに入っていれば大きな出費はカバーできます。 スポンサーリンク 働き盛りの方はシンプルなものに入っておくと良い 特に働き盛りの方にとって、入退院を繰り返さなけれなならなくなったときは、会社を辞めざるを ...

生命・医療・損害保険

2019/2/19

生命保険に特約の医療保険を付けている方は注意が必要

私の周りで生命保険に特約の医療保険を付けて、かなり高い保険金額を支払っている方がいました。 病気になってしまったので、新しい医療保険に入ることもできず、定年になろうとしているために、今後高い保険金を支払っていけないと嘆いていました。 その方は終身の生命保険のようですが、年齢が決まっている生命保険ですとその時点で、医療保険がなくなりますので気を付けた方が良いと思います。 私たちの世代が若かった時は、70歳からは医療費が無料になったので、我が家も夫と70歳満期の生命保険に医療保険の特約を付けていました。 私は ...

生命・医療・損害保険

2019/3/2

高額療養費制度を上手に利用し医療費を抑えよう

著作者:Vive La Palestina 厚生労働省のホームページから抜粋 高額療養費制度(こうがくりょうようひせいど)とは、公的医療保険における制度の一つで、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。 高額療養費では、年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられています。 この高額療養費制度については、従来から、制度の概要や支給 ...

生命・医療・損害保険

2019/2/25

適切な医療保険の選び方を考える

医療制度が目まぐるしく変わっていますので、それらを視野に入れて保険は加入しなければなりません。
蓄えがあれば問題はありませんが、蓄えができる間だけでもいざという時のための最低限の保険があれば安心だと思います。

生命・医療・損害保険

2019/2/25

医療費を賄える医療保険のさがし方

著作者:Steve-©-foto (改変 gatag.net) 病気になった時にかかる医療費は年齢によって変わってきますが、子供、高齢者、難病指定になっている方など特殊な方を除けば、かかった医療費の3割負担という方が多いと思います。 しかし、入院や手術などの高額医療費は、入っている健康保険によってある程度以上は戻ってくることもありますので、国民健康保険とは実際に必要な金額は異なります。 そんなことも考慮に入れて、病気になった際に最低限必要な医療費を見ていきたいと思います。 スポンサーリンク 医療費を賄える ...

生命・医療・損害保険

2019/2/25

医療保険の簡単な仕組みと特性について

最近は医療保険の内容もかなり変わってきました。 10年くらい前までは、生命保険に特約として医療保険を付けるのが主流でしたが、現在は生涯補償の掛け捨ての医療保険が主流になっています。 外資系の保険会社が挙って新しい医療保険を売り出し、宣伝しています。 その医療保険も年々変化をして、様々な特徴をもつようになっています。 スポンサーリンク 医療保険の簡単な仕組みと特性について 医療保険が変わってきた背景は、高齢化社会と医療現場の様変わりが大きく影響していることによるようです。 厚生省の指導の下、医療現場は長期入 ...

生命・医療・損害保険

2019/2/25

持病があっても入れる医療保険

持病がある人でも入れる医療保険は、現在はかなり多くなって宣伝されています。 しかし、薬をのんでいると言う事に対しては規制が強くなったようで、些細な病気と思われるものでも、保険料が高くなります。 私も5年ほど前に、新しい医療保険に入ろうと思いましたら、少量の薬を飲んでいるだけで保険料がかなり高くなるのを知って、入るのをためらっていました。 持病があってもある程度のことをクリアできれば入れる保険があるのはありがたいことですが、私のように命に関係のないような健康問題を抱えているだけで高い保険金の支払いをすりこと ...

生命・医療・損害保険

2019/2/25

医療保険に死亡保障の特約は勧められない

医療保険に死亡保険の特約を付けることができます。 死亡保険があれば、万が一死亡してしまった時に、遺族の生活を保障することができます。 子供が小さいときや残された方に生活力がないときは良いと思いますが、死亡保険と医療保険は別に入るのが良いようです。 万が一見直したいときに別々に入っていた方が見直しが楽にできますし、医療保険の特約の死亡保障は、障害が残った時などには不利になるようです。 スポンサーリンク 医療保険に死亡保障の特約は勧められない 私が入っている医療保険に死亡した後に遺族が困らないようにと死亡保険 ...

生命・医療・損害保険

2019/2/25

生命保険の医療特約の特徴

外資系の医療保険が大きく伸び始める前までは、生命保険に医療特約を付けることが多かったようです。 何処の家庭でも入っていたいたように我が家でも生命保険に医療特約を付けた保険衣加入しています。 しかし、そのほとんどは入院何日目からの保障というのが多かったようです。 スポンサーリンク 生命保険の医療特約の特徴 私の加入している生命保険も、今回の入院で入院5日目からの入院特約とわかりました。 9日で退院したので、5日分の入院給費金しかでないことになりました。 私の場合、70歳満期の保険なのと特約部分が少ないので、 ...

生命・医療・損害保険

2019/2/25

終身型医療保険の上手な選び方

終身型医療保険は外資系を中心に、損保保険なども参入して現在の医療保険の主流になっています。 それぞれの会社で、特徴があるようですので、ご自分に合っている医療保険に加入できたらよいと思います。 私も昨年医療保険を見直したので、いろいろな保険会社から資料を取り寄せたり、ネットでしらべたり、無料の相談窓口に行ったりしました。 スポンサーリンク 医療保険にはいろいろなタイプのものがある 保険は難しいですがその中でも難しく、種類の多い医療保険を専門家が丁寧に教えていただける、無料の相談窓口は保険の仕組みが分かりとて ...

生命・医療・損害保険

2019/3/2

生命保険・医療保険に強くなろう

著作者onigiri-kun 我が家は昨年火災保険・医療保険をすべて見直しました。 その時にお世話になったのが保険相談店舗ですが、最初は自分の家の状態、年齢などを考えてどのような見直し方があるかをお聞きして、見合った保険のプランを出してもらう事から始めました。 そのプランと保険会社のパンフレットを家に持ち帰り検討を重ね、練り直して加入する保険を決めました。 スポンサーリンク 生命保険・医療保険に強くなろう 相談店舗の担当の方との相性も大切ですし、提案してくれたプランが気に入らないこともあるかと思います。 ...

生命・医療・損害保険

2019/2/19

現在の医療の実情を考えて保険見直しをしておいたことにより医療費の心配がなかった

保険は対象年齢によって、格安なものなどありますので、いくつかの保険会社を検討しなければなりません。
そんな時には、保険のプロに相談することによっていくつかの保険会社から最適なものを選ぶことができて節約につながると思います。

スポンサーリンク

お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

Copyright© 暮らしの根っこー萌のつぶやき , 2019 All Rights Reserved.