スポンサーリンク

インテリア・雑貨・寝具

ドルサルのウッドスプリング最高ーベッドの買い替えを考えて検索後

2013年9月1日

外見はきれいなので気にしていなかったベッドも10年以上使っていたことに気が付き、寝心地の悪さを感じ始めたので、買い替えを考えることにしました。

購入するときに、マットレスを時々向きを変えて使ってくださいと言われていましたが、最初の数回はしたものの重いのと面倒なために何年も同じ方向に向けたままですので、体重のかかるところが沈んでいるのが分かります。

もう十年以上もベット売り場にも行っていないことに気が付いたとともに、現在使っているベッドはどのくらいの値段だったのかも思い出せません。

スポンサーリンク

ベッドの買い替えを考えて検索ードルサルのウッドスプリングに出会う

そんなことから現在のベット事情がまるで分かっていませんでした。

何もわからないまま「ベッド 選び方」で検索を入れてみました。

私が前々回に使っていたベッドは金属スプリングの2段になっているものでしたが、現在のものは、そこ板は板敷でマットレスのまわりに空気穴がたくさんついていますが、ポケットコイルのようでした。

検索の結果は現在はエコの視点から金属スプリングは少なくなっているようでした。

そしてマットレスの種類は、低反発マットレス、高反発マットレス、ボンネルコインマットレス、ポケットコイルマットレスと様々であり、値段もかなりの違いがあります。

検索をはじめたばかりは、ベッドフレームにお金をかけるより、マットレスの良いものを購入した方が良いという意見に「なるほど」と思いながら検索を続けていました。

しかし良いベッドとは万人に良いものではなく、個人個人によって違うというところで躓いてしまいました。

この段階ではマットレスの良し悪しは値段で決まるので、あまり安価なものは良くないというところまではわかりました。

そしてボンネルコイルはつながったコイルで、体の形に関係なく、Uの字に沈み、ポケットコイルは、ばね上のコイルを布で包んだ物を並べてあるので、ばねが独立しているため、体の形に沈み、腰に負担が少ないと言う事まではわかりました。

どのようなものにも一長一短があるように好みはあるようですが、へたりは良いものほど少ないと言う事が分かりました。

次はベッドフレームを調べてみると、現在のベットの底板は大きく「板敷」「すのこ敷」「ウッドスプリング」と3つに分けられるようです。

「ウッドスプリング」というものは初めて知るものでしたので、良く調べてみることにしましたが、「ウッドスプリング」は欧米ではよく使われているものとのことですが、日本製はあまり知られていないようです。

こちらも価格差が大きく迷うところですし、使ったことがないのと色々なメイカーのものを家具売り場に置いているお店は少ないようなので見に行くには遠くまで行かなければなりません。

しかし、ウッドスプリングにとても魅力を感じてしまいました。

我が家は2個購入予定ですのでカリモクの製品は高いようなのでパスすることにしました。

センベラはかなり出回っているようで、家具店では見られるようですし、ベッドフレームのデザインもいろいろあって選べるようでした。

そんな中で巻取り収納式ウッドスプリングフロアベッド,イタリアDorsal社製シングルサイズ 【ロールウッドスプリングベッドroll-blue/シングルサイズ】単品のシンプルで実用的な製品を見つけましたが、ウッドスプリングには普通のベッド用マットレスではない方が良いようです。

シンプルなのが好きなのでドルサル社製の 「ウッドスプリングベッド」のベッドのが気になり、相性のよさそうな快眠 ラテックスマットレス 体圧分散マットレス 寝心地で選ぶマットレス 睡眠環境改善マットレス 【シングルサイズ/高反発ナチュラルラテックスマット/11cmモノゾーン マットレス単体】快眠高反発マットレスが良いと言う事だったので、取りあえず1台を購入して寝心地を試してみることにしました。

現在遠いお店を見て歩くことのできない状態でなのでそうせざるを得ませんでした。

メンテナンスも良いようで、ウッドスプリングの板が折れたときの保障もあるようで、自分で折った時も購入もできて直すことも可能とのことまずは使って見ることにしました。

スポンサーリンク

ドルサルのウッドスプリングとラテックスマット購入ー寝心地は満点

ドルサルのウッドスプリングベッドとラテックスマットが届き、早速寝心地を試してみました。

私は小柄で体重もあまりないので、ENERGY/NA+7zoneナチュラルとラテックス18ウォッシャブル(ミディアムデンシティー)のやわらかめのマットレスを組み合わせました。

いままで少し硬めのベッドに羊毛布団でしたので、なんとなく柔らかい感じがしましたがウッドスプリングベッドの場合はマットレスはあまり硬くない方が向くという事でした。

私は体調がよくないこと、「ドルサルのウッドスプリングベッド」は我が家の近辺では置いてあるところがないようでしたので、ネット検索を重ねて使い勝手などを数件参考にさせていただいたのちにこの組み合わせに決めました。

扱っているお店は関西を中心に杉屋ねむたややなどがあり体験会をしているようです。

我が家は現在使っているベッドが重いのでその感覚で組み立てをお願いしたのですが、ベッド本体もマットレスもあまり重くはないので玄関までで大丈夫だったようです。

夫は体重が減っているようなので、ラテックス18ウォッシャブル(ミディアムデンシティー)とラテックスマット18ウォッシャブル(ハードタイプ)との中間のものがあると言う事でそちらをお願いしました。

我が家は先に書いたように、体験会にも行けず、ネットで直接1台を購入して見て気に入ったらもう一台の購入をと考えましたが、夫も寝てみてとても気に入ったので2台購入に踏み切りました。

安価な買い物ではないこと、気に入らないからとしまい込むことのできるようなものでないことを考えると、体験会などで寝て試されてから購入した方が良いと思います。

私は2日位かけてネットで調べ、電話でお店の方にいろいろとお話を聞いて決めました。

重いベッドの処分に苦労したので、このベッドは持ち運びも楽ですのでとても気に入っています。

寝心地は人それぞれだと思いますので、ご自分が納得した段階で購入するほかはないと思っています。

私の最大の満足はずっとベッドを使っていたので、床や畳に寝ることに抵抗感があるし、かさばるベッドは後々大変ですが、このベッドは布団に足がついているというシンプルさに惹かれました。

ラテックスマットは10年は大丈夫と言う事ですし、処分も楽にできそうなのと、移動が便利そうなのがとても良いと思っています。

そしてベッドとしての最大の目的である寝心地も良いので、今年は温かなベッド用ボックスシーツでで快適睡眠を楽しもうと思っています。

スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。


タグ

-インテリア・雑貨・寝具
-

Copyright© 本とパソコンのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.