スポンサーリンク

写真

野山の花、自然の中に咲いている花をいろいろなレンズで写す

2013年12月19日

数十年前から山野草を育てたり、山野草に会うために山に登っていましたが、HPのサイトを作るために山野草を写し始めたのが写真に入るきっかけになりました。

数年が過ぎたころから花ばかりではなくいろいろものを写してみたくなり写真教室にに通い始めたり、キャノンのフォトサークルで、ネットを通して見てもらっているうちに私の花の写真は、記録写真以外の何物でもないことを思い知らされることになりました。

何を写すのも難しいのですが、今の私は花の写真が何よりも難しいと思っています。

いつか見られるような花の写真を写せる日が来ることを願いつつ花を写し続けています。

コスモス

コスモス

雨の日の山間に群れ咲く花は 

うなだれて寂しそうに見えるのはなぜだろうか

雫が宝石のように輝いて

しっとりと濡れて咲く花たちは 

寂しい気持ちをも見え隠れさせながら 

秋の美しさを醸し出していた

ヤグルマソウとヤマガラシ

ヤグルマソウとヤマガラシ

岩の上に生きる場所を得て精いっぱい咲いている

偶然にここに芽生えたというだけで

ここで一生を終える運命を担って

命を輝かせている

黄色以外の花は考えられないように

輝いていた

ミツガシワ

沼の一輪

    

山間の沼の寂しい片隅に

迷いのない茎をまっすぐに立てて 

小さな花を誇らしく掲げていた 

旅人のともしびのように 

悲しい時も迷いなく生きられるようにと 

語りかけているようだった

コスモス

コスモス

たくさんの花の中で呟いているのが聞こえた

雫をためて咲いている盛りの花は

何を伝えようとしているのだろうか

たくさんの花の中で私に語りかけてくれたこの花は

私に何を伝えようとしているのだろうか

少し華やかで寂しそうなやさしさを私は見つめていた

小麦畑のポピー

小麦畑のポピー

稔りの中で紅を誇示するように咲いているポピーは

刈り取られようとしている小麦に

何を話しているのだろうか

刈り取れれるときは一蓮托生だと

華やかな紅のポピーは知っているのだろうか

ヒガンバナ

雨に燃え立つ

    

夏が遠ざかりやっと涼しくなった時 

私の心を燃え立たたせてくれるように彼岸花は咲く 

その燃え立つような朱に染まる野辺を歩く時 

飢えに苦しんだ昔の人が思われる 

毒があるという根の毒を消して飢えをしのいだという 

この国の秋を埋めるように咲く花の華やかさは

昔日の悲しみも秘めて雨にも良く似合う花だと思う

ホテイアオイ

ホテイアオイ

水の中に生きる定めを持ったホテイアオイは

カメラを構えた私の方を見つめ返してきた

素敵に咲き誇った花の心を

私は写すことが出来るのだろうか

真剣に見つめる花をレンズから見つめながら

私の心はたじろいていた

撮影場所と季節

ヒガンバナ:  巾着田 秋

コスモス:   粟野 秋

ミツガシワ:  志賀高原 初夏

created by Rinker
キヤノン
¥108,000 (2019/11/20 02:21:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
キヤノン
¥45,350 (2019/11/20 02:21:39時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。


タグ

-写真

Copyright© 本とパソコンのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.