スポンサーリンク

政治・社会問題

母には寂しさだけが・・・

Pixabay

私には老いて寂しくて、寂しくてどうしようもない母がいる

一人でいることのできない母は

一人になるとやさしい人を探しに押し車に支えられないながら

動かない足を一歩一歩と踏みしめて歩みだす

そんな時には普通では考えられない力が出るのが不思議なのだが

その寂しさはだれにもわからない

昨日言ったことも、今日言ったことも忘れてただ寂しさだけを背負ってしまった

生まれてきた寂しさを一身に背負っている母を私は助けてあげることができない

私は母がさびしいという感情を表に出したのを元気なときは見たことがなかった

なぜこんなにさびしいのだろうというのは簡単だが

寂しさをわかってあげる人がまわりにいないのが私には辛い

遠くから見守るほかない日々がいつまで続くのだろうか

created by Rinker
¥1,540 (2020/07/01 17:35:44時点 Amazon調べ-詳細)



お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。


スポンサーリンク

タグ

\ この記事どうでしたか /

-政治・社会問題

© 2020 本とパソコンのある暮らし