スポンサーリンク

政治・社会問題

政治・社会問題について投稿した記事です。

政治は日々動いていますが、そのことについていろいろと考えさせられることがあります。

政治のさまざまな問題について、疑問に思ったことなどを書いています。

国会は日々の暮らしに関する法律を決めていますが、それが私たちに納得できないこともあるのではないかと感じることもあります。

少なくとも私たち庶民が安心して暮らしていけるよな仕組みをつくってほしいと願っております。

社会問題に対しては、その時々のニュースなどから考えさせられたこと書いています。

時間が過ぎれば忘れてしまうようなこともたくさんあると思いますが、ここに書くことによってその時の記憶がよみがえることになります。

めまぐるしく世の中が回っている現在は、時が過ぎるのが早く忘れ去ってしまうことが多いのが現状ですが、忘れてはいけないこともあるような気がします。

その時の問題点が、政治にあるのか、家庭にあるのか分らないままに流されていくような問題もあると思いますが、政治も社会も家庭もより良い生き方ができるように努力すべきだとの思いはあります。

また、時間が過ぎることによって考え方が変わっていることもあるかもしれませんが、それも時の流れのなせる業かもしれません。

政治・社会問題

2019/4/1

憲法についてー内田 樹氏講演の記事から

2018年の5月に日仏会館で憲法についての講演したときの講演の内容を2019年3月31日の「 BLOGOS(ブロゴス)」で読みました。 護憲派はなぜ「弱い」のかという問題について書かれているのですが、著者と同じくらいの年代のために憲法について掘り下げて考えたことがなく、改憲派が多くなったことに戸惑いを覚えながらもなぜなのかを、表面的にしかとらえることができていなかったのですが、この記事を読んで納得できることがかなりありました。 日本国憲法を下記のように位置づけています。私たちの時代に生まれたものにとって日 ...

政治・社会問題

2017/3/26

森友学園問題から見えてくるもの|日本会議

連日のように森友学園問題がメディアで取りあげられています。そのようなことから、真相を知りたいと思い、籠池泰典氏の国会証人喚問のほとんどすべてをテレビで見ていました。 その後の財務省幹部への参考人招致も大方見ましたが、謎が深まるばかりでした。唯一分かったことは、参考人として招致された役人たちは何も言いませんから置いておくとして、安倍総理、、籠池理事長、松井知事と大方の方は思想的に同じ方向を向いているということでした。 スポンサーリンク 日本会議という組織と改憲派の保守の組織の存在 右派組織である「日本会議」 ...

政治・社会問題

2016/7/13

鳥越俊太郎の都知事立候補を応援|改憲勢力が3分の2議席に達したことに危機感を

自民党が大勝し、与党などの改憲勢力が3分の2議席に達したことに危機感を覚えて都知事選に立候補した鳥越俊太郎に感動を覚えました。 与党が数をそろえてやりたい放題の今の政治にどのくらいの方が不満を抱いているのかはわかりませんし、選挙で大勝したということはそれだけの支持が多いことになるのでしょう。 数の力で動くような政治を食い止めることの大切さを感じる しかし、日本国憲法をどのくらいの方が理解しているのだろうかという疑問はいつも思っています。 民主党の公約を信じて投票し大勝したが、日本は良くならなかったという気 ...

政治・社会問題

2016/4/18

忍び寄る老後破産 団塊の世代に迫るリスクーNHKスペシャル

著作者:rexboggs5 NHKスペシャル「忍び寄る老後破産 団塊の世代に迫るリスク 親の介護と子への支援」を放映するということを知り、他人ごとではない世代の私は見ることにしていました。 私たちの上の世代と言ってもかなり上になりますが、まだ銀行金利の高かったころは、退職金や老後資金として貯蓄した預貯金に金利が付いたために年金以外に利子収入もあり、それなりに生活ができていたようです。 しかし現在は、大卒後普通に定年まで勤めた人の、厚生年金の金額はやっと生活できるだけの金額にしかなりません。 かなり前に大き ...

政治・社会問題

2016/1/28

洋服買取と名乗る訪問買取業者は貴金属が狙いのことが多いので注意

不要になった洋服を買い取りますという電話が数回かかってきました。 それらのほとんどが、最初は女性からの電話で、不要になった洋服はありませんかという電話をかけてきます。 我が家は着なくなった洋服類は、洋服のごみ回収に出して処分しているのでほとんどありませんし、ブランド物の洋服はないので、「着物でしたらあります」と言うと「着物でいいです」と言います。 どこの家庭でもある程度の年齢になっていれば着ない着物は、高価だったことから捨てるに捨てられず持っている人が多いと思います。 どうしようかと長く思っている方にとっ ...

政治・社会問題

2015/9/17

安保法案の参議院特別委員会が重大局面ー中立的な報道を望む

衆議院を通過して参議院に送られた安保法案だが、2015年9月17日現在重大局面を迎えています。 昨夜にも、採決する予定だった安保法案だが、参議院特別委員会が何度も休会になり、混乱をしているようです。 国会議事堂前には、九州から車を飛ばしてきたという方も集会にきており反対集会が大きくなっています。 私も、安保法案の詳細を今でもはっきり分かっているとはいいがたいのですが、70年間平和だった日本の若者が戦争に行かなければならないような事態になることを危惧しています。 それにもまして、太平洋戦争の時に国民には詳細 ...

政治・社会問題

2015/8/26

不妊治療で悩む人の陰で子供を希望しない独身男女が10%超

著作者:Steve-©-foto 不妊治療を受ける人が増え、高額な医療費と仕事のはざまで悩んでいる方が多いようですが、21歳~30歳の独身男女が将来的に子供を希望しない割合が10%を上回っていることが、厚生労慟省の調査で分かったというニュースを新聞で読みました。 2013年の調査で「0人」と回答した男性が、15.8%(03年調査8.6%)、女性は11.6%(03年調査7.2%)とかなり上昇しているようです。 それと相反するように不妊治療を受けている方も多く、仕事との両立が難しかったり、高額の治療費がで悩む ...

政治・社会問題

2015/7/16

これからどうなる日本の自衛隊ー安保法案が衆議院を通過

与党のトップ内でも説明は十分とは言えないとしている安保法案が野党5党が欠席する中可決されました。 この法案の詳細はほとんどの国民が周知していないと言われる中での強硬採決でした。 私も勉強不足でわからないことのほうがが多いのですが、大まかにいうと今までは日本にほかの国が押し寄せてきたときに自衛隊は国を守るために働くということでした。 しかしこの法案が施行されれば、アメリカとどこかの国が戦争になった時に日本も参戦できるというもののようです。 どのようなときに、自衛隊が参戦するかななどの細かなルールはどのくらい ...

政治・社会問題

2015/7/9

戦争を知らない政治家が決めようとしている「集団的自衛権」の法制化に反対

新聞を読んでいたら、夏目漱石が来年没後100年ということで大江健三郎さんと古井由吉さんの対談が載っていました。 その対談の最後に現在の状況を「近代の難しい分かれ目に来ている」と位置づけ、近代で「もっとも大切な主題を漱石は文学を通して最初から追いかけていた」と大江健三郎さんが力説して締めくくっていました。 「集団的自衛権」の法案を詳しい説明もないままに通そうとしている阿部総理に疑問を感じていたので、私なりに考えをまとめてみようと思いました。 有識者も湾岸戦争に自衛隊を派遣した当時の防衛大臣ですら反対している ...

政治・社会問題

2015/6/27

女性は痩せているほうが魅力的なのか

飽食の時代と言われている現在、戦後の食糧事情の悪かった時よりも貧困な食生活を送っている女性が多いということです。 その理由は痩せたいために食事制限をしている女性がたくさんいるということです。 昨日80歳を超えてとても魅力的な岸恵子さんを、「NHK あさイチ」で見ましたが、若い時の自身のことを好きでないと言っていました。 その理由は痩せていて「割りばしみたい」との表現もとても良いと思いましたが、痩せている女性は好きで痩せているのではなく体質的なものも多いのです。 スポンサーリンク 健康を害するほどに太ってい ...

政治・社会問題

2015/3/10

貧困放置は社会による虐待ー貧困の中の子供

下野新聞に連載され「第14回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞」「貧困ジャーナリズム賞」「第19回新聞労連ジャーナリズム大賞」を受賞した「貧困の中の子ども 希望って何ですか」が書籍化されましたので購入して読みました。

政治・社会問題

2014/12/24

子供の貧困ー貧しさを教育格差に繋げないために

子供の貧困の問題がマスコミで取り上げられることが多くなっている現在、貧しさを教育格差に繋げないためにはどのようにしたらよいかを様々な方が考えているようですが、子供たちに関わっている人はもちろんのこと全ての方が考えなければならないと思いました。

政治・社会問題

2014/12/23

大学入試を改革ーセンター試験の後継は「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」

現在のセンター試験を2020年度実施分から「暗記した知識の量ではなく、思考や判断など知識の活用力を問う入試」に改革するよう、中央教育審議会が文部大臣に答申したというニースを見て思ったことを書きました。

政治・社会問題

2014/12/20

認知症で90代男性死亡事故で80代妻にJR東海側に350万円の賠償を求めた裁判について

認知症での90代の男性が線路に入り込み死亡した事故で、「監視不十分な点があった」として、350万円の賠償金支払いを命じた裁判について、私がとてもショックを受けた出来事として書いておきました。

政治・社会問題

2014/12/19

ネット依存症を考える―病気にならないために

ネット依存症が子供の問題などの社会問題となっています。
とても便利であるがゆえにネットの裏側の問題も考えなければならないのだろうと思いました。

政治・社会問題

2014/12/10

栃木県の犬の大量遺棄事件で生き残った犬の飼育希望者が相次いでいるという

栃木県の犬の大量遺棄事件で生き残った犬の飼育希望者が相次いでいるというニュースを読んでとても嬉しい気持ちになりました。

政治・社会問題

2014/12/8

社会の歪みって、貧富の差ってどうして生まれるのだろうか

高専や短大、専門学校などを含めた大学に入る人が70%を超えている日本での貧富の差と貧困を考えたときに、制作も必要ですが、教育を見直さなければならないと思われます。

政治・社会問題

2014/12/6

長時間労働・低賃金で苦しむ非正規労働者

雇用拡大と言われながらも、依然として非正規雇用の募集が多く、低賃金・過酷な労働の下で働いている方が多いようです。
日本人労働者が働けないような条件の労働を「外国人労働者を入れる事で解決する」と言っている安部総理の言葉に唖然としてしまったことがあります。

スポンサーリンク

お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

Copyright© 暮らしの根っこー萌のつぶやき , 2019 All Rights Reserved.