スポンサーリンク


その他の病気・医療 病気・医療

「コロナワクチン」一回目接種後での副反応ー強い腰痛

2021年6月5日に一回目のファイザーの「コロナワクチン」の接種を受けました。

私はテリボン注射で血圧が下がったことがあるので、少し心配でしたがかかり医で接種をしていただくことにしました。

午後二時に接種を受けて、副反応が以前に出たことから、30分待って異常がなかったので帰ってきました。

当日はほとんど普通と変わらず、風呂に入り寝たのですが、夜中から少し腰痛を感じました。

元々、腰痛があるのであまり気にしなかったのですが、起きてみると注射をしたところが腫れて腕が上がりにくい感じがしましたが、それよりもいつも感じがことのないような腰痛に見舞われました。

私は腰痛持ちなので、気をつけながら生活していますが、その時は椅子に座れないような感じで、ぎっくり腰とも違う痛みで驚き、ネットを検索したところ、コロナにかかったときに関節痛としての腰痛があるとの記事を見つけ、この痛みなのだと納得しました。

立っていた方が楽なのですが、ずっと立っているわけにも行かず、パソコン用の椅子のゲルクッション 座布団 に座ってみたらかなり楽だったので、そこで作業をしていました。

その椅子に座っている限りはそれほどの痛みも感じることもなかったので、やはりコロナワクチンの副反応なのだろうと勝手に決めて作業をしていました。

立てばかなり痛みましたが、二日目の夕方には快方に向かい、腕の痛みと同じ感じで日ごとに平常に戻っていきました。

熱が出る人が多いとは聞いていたのですが、私は頭痛持ちなので当日は少し多めにカロナールを飲んでいたので熱は出ませんでした。

思わぬ副反応に驚きましたが、コロナで出る症状だったら、ワクチン接種でも出ておかしくない症状だと納得しました。

3週間後に2回目の接種があるので その時の症状なども書きたいと思います。

関連記事(一部広告を含む)

お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。


スポンサーリンク

-その他の病気・医療, 病気・医療
-