スポンサーリンク

その他の病気・医療

その他の病気・医療

2019/3/26

ピロリ抗体検査(ピロリ菌)が陽性で除菌を受けた

健康診断で胃ハイリスク(ABC)検査を受ける機会があり、初めての血液検査を受けた結果ピロリ菌が陽性となり胃カメラ検査を受けることになりました。 ピロリ菌は赤ちゃんの頃に感染するらしく、現在の若い方は陽性の方が少ないということですが、私は上下水道が完備する前に生まれていたことから、ピロリ菌に感染していたようです。 血液検査でわかるということで何気なく受けた検査で陽性になっていたことに驚き、胃カメラ検査を受け、除菌をするために胃腸科専門医を受信しました。 スポンサーリンク 胃ハイリスク(ABC)検査とは 胃ハ ...

その他の病気・医療

2016/4/19

女性の尿漏れ・尿失禁を治す方法

著作者:Ian Livesey 女性は尿道が短いために尿漏れが起きやすいので、尿漏れを経験している方はかなり多いようですが一人で悩んでしまう方もまた多いようです。 出産後には半数近くが経験すると言いますので、尿漏れは、若いころから起きているようで、悩んでいる方も多いようです。 しかし、出産時の尿漏れはかなり改善されるようですが、加齢とともに多くなり40歳代から50歳代の更年期にはかなり多くなっているようです。 私も例外ではなく、出産時の少しの間、その後更年期と言われる時代から経験していますが、その対処法と ...

その他の病気・医療

2016/4/14

家族性高コレステロール血症は生活習慣に注意が必要

「家族性高コレステロール血症」には「家族性高コレステロール血症のヘテロ接合体」と「家族性高コレステロール血症のホモ接合体」とがあります。 「家族性高コレステロール血症のホモ接合体」とは両親ともに、生まれつきコレステロールに関わる遺伝子に異常がある人で、100万人に1人程度の非常に珍しい病気で、国の難病に指定されているようです。 「家族性高コレステロール血症のヘテロ接合体」とは両親の一方にある場合で、500人に1人くらいであり、生活習慣病としての高コレステロール血症の方とさほど値が変わらないため、血液検査の ...

その他の病気・医療

2016/1/11

瞼がピクピクして眼瞼痙攣を疑って調べたこと

著作者:stopete60 昨年の暮れから網膜剥離と眼瞼下垂の手術をした右目の瞼が数日間ピクピクして、瞬きか痙攣かわからないような感じだったのでネット検索をしました。 以前にも何度か左目がピクピクしたことがありますが、その時の症状とは少し違います。 私は唇とか瞼など疲れた時にピクピクすることがありますが、割と大きく動くことが多くさほど長くは続かないのですが、今回は数日治らず、瞬きかピクピクかわからない状態で、とてもいやな気分でした。 ただそれほどのまぶしさは感じなかったことが安心感につながるものの、初めて ...

その他の病気・医療

2016/1/9

高コレステロールは認知症のリスクが高いというー家族性高コレステロールの私ができること

私は家族性高コレステロールなので、やせ形で食事もコレステロールが高くなるような食事をとっていないのだが、若いころからコレステロール値が高い方です。 父は50歳の時に脳梗塞になり、命はとりとめてある程度回復して趣味を楽しみましたが、何度か発作を繰り返しましたが、80歳まで永らえました。 父の7人兄弟弟妹のうち4人は脳梗塞になっていますので、家族性高コレステロールであることには疑う余地がありません。 父の兄弟弟妹は皆やせ形ですので、よく言われる肥満とは関係がなく体重を落とせばよいという問題ではないところが難し ...

その他の病気・医療

2015/6/11

1日水1.5リットルで慢性化していた膀胱炎から解放された

疲れにくい生活のリズムを作ることが苦手な私は、様々な体の不調を常に抱えることになっています。 そのような不調の一つが膀胱炎で、疲れのサインとして時々襲ってきます。 疲れたと思うと前兆が出てきますので、抗生物質を早めに飲むとあまりひどくならないうちに治るのですが、頻繁に起きると抗生物質に耐性ができてしまい効かなることがあり薬を変えなければならないということもおきます。 またほかの病気になった時に抗生物質が効かないということはリスクが大きくなり、いろいろな病気が治りにくくなることにつながります。 そんなことか ...

その他の病気・医療

2015/1/8

黄斑円孔で手術した友人と黄斑前膜の手術した友人

著作者:Cast a Line 私が網膜剥離になる前に、黄斑円孔で物がゆがんで見えると言って手術をした人の話を聞いていました。 私が見え方の異変を感じたのは、夜ネットで囲碁をしていた時に、碁盤の歪みに気が付いたのが受診のきっかけですので、その時に黄斑円孔、もしくは加齢性黄斑変性症かと思いました。 網膜剥離が黄斑部分にまで及んでいて、歪みが出たことなど考えもしなかったので、網膜剥離と聞いたときにはかなり驚きました。 黄斑円孔や黄斑変性症でも視力が弱くなるのでしょうが、剥離が黄斑部分にまで及んでいるので、即手 ...

その他の病気・医療

2014/4/6

めまい、耳鳴りで悩む方はとても多い

私のまわりで、それまで元気だった方が、眩暈や耳鳴りで困っている方が多くなっています。
どちらも気分の良いものではありませんが、薬で治らないと言われた耳鳴りが私はいつの間にか治っていますので、気長に病気と付き合っていく気持ちも大切だろうと思っています。

その他の病気・医療

2014/4/2

脳梗塞で入院1ヶ月後に知人は死亡した

知人は脳梗塞で入院、一時は良くなったようですが、その後再度の脳出血で意識不明になり、1か月後に急逝してしまいました。
あまりに早い死は家族にとってかなり大変だったようですが、私も悲しみを抑えきれませんでした。

その他の病気・医療

2014/3/31

自立神経の乱れによる眩暈と体調不良

めまいを起こした後は、その不安からなかなかぬけだせないようで、いろいろな症状が出やすくなり、自律神経も乱れて悪循環を繰り返しやすくなるようです。
他の病気がないことを確かめた上で、リラックスできて、疲れないような趣味の楽しみに没頭できることが癒しにつながると思います。

その他の病気・医療

2014/3/28

病気治療後はもとには戻らないという覚悟も必要

病気になってもすっかり治ることもあるのでしょうが、ある程度の年齢になったら、病気前の状態には戻らないという覚悟も必要だと思います。
そのような思いになった時に、心が落ち着いて、少しぐらいの体調悪化は気にならなくなります。

その他の病気・医療

2014/3/25

胞状奇胎後、絨毛上皮腫にならないための健康管理

絨毛上皮腫は血行性転移を起こしやすく病気の悪化が早いようですが、化学療法などの薬が効きやすい病気なので、余程悪化させなければ死亡する方は少ないようです。
胞状奇胎後や普通分娩でもなることがあるようですので、産後は体調に気を付けることが望ましいようです。

その他の病気・医療

2014/3/24

子宮と片方の卵巣摘出後の体調不良とストレス

手術退院後、それまで経験したことがないような頭痛を感じるようになったが、婦人科の定期診察で話しても薬はいただけませんでした。 頭痛はそれまではありませんでしたし、病気らしい病気をしたことはなかったのですが、手術後はかなり長く体調の悪化は続きました。 これはホルモン異常のほかに、子供を産むことが出来なくなったショックが長いこと続き、夢にまで見るほどだったことと関係があったのだろうと思います。 仕方がないと思いながらも、どうしても受け入れられない自分がありました。 スポンサーリンク ホルモンバランスが崩れたた ...

その他の病気・医療

2014/3/24

国立病院産婦人科に転院して胞状奇胎術後の治療

国立病院に紹介状を書いていただき転院、子供が欲しかったので、化学療法の治療をしていましたが、出血が止まらず、子宮と片方の卵巣を摘出することになり、手術後退院をしました。

その他の病気・医療

2014/3/24

転院して診察を受け胞状奇胎と診断された

胞状奇胎であるにも関わらず、二か所の産婦人科医で流産予防の措置を受け、二か所目では入院をして点滴をして安静にしていたものですから、房状の絨毛の異常増殖が進んでしまいました。
強制的に流産を促し、2度の子宮内容除去術を受けた後、大きな病院の婦人科に紹介していただきました。

その他の病気・医療

2014/3/23

胞状奇胎とわかるまでの初期症状

つわりがひどく、茶色の下り物が続き、そのころ1歳半だった娘の面倒を見ることができずに遠い実家で面倒を見たもらうことにして娘と一緒に里帰りしました。
そこで見ていただいた産婦人科のお医者さんも胞状奇胎であることがわからず、流産予防の点滴を受けて入院してしまいました。
それでも治ることがなかったために、自己退院しましたが、その時奥さんで、看護師をしている方が胞状奇胎であることも考えられると教えてくれました。

その他の病気・医療

2014/3/18

疲れがたまると体は色々なサインを出してくるが膀胱炎が一番怖い

夫の入院、老人性うつ病の母の気遣いなどが重なり、あまり丈夫でない私は、着からが感じ始めるころには体の異常が出るサインが出てきます。
すぐに出る症状は口内炎ですが、膀胱炎も出ることがあります。
そんな時には早めに薬を飲んで治すことを心がけます。

その他の病気・医療

2014/3/14

知人のドライマウス(口腔乾燥症)口腔カンジダ症の治療で和らぐ

ドライマウスからカンジタになっていた知人はカンジタを地要することでかなり症状が和らいだと言っていました。

スポンサーリンク

お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。

Copyright© 暮らしの根っこー萌のつぶやき , 2019 All Rights Reserved.