スポンサーリンク

政治・社会問題

観光バスの運転手の高齢化に危惧

2014年9月14日

観光バスの運転手の高齢化が進んでいて、若い人の就業が少ないというニュースを見ました。

高速道路が整備され、道路事情が良くなったためにツアーバス旅行でも、かなり遠くまで行けるようになっているようです。

また、人件費を抑えて安価な値段で行けるツアー旅行が多くなったことで、利用する方も多くなっているようです。

しかし、そのように費用を抑えた魅力的な旅行も時々は運転手の不注意による事故により、犠牲者出ているのは悲しいことです。

スポンサーリンク

健康診断で再検査をしなければなれない運転手が、再検査をしないで観光バスの運転中にクモ膜下出血になったために起こした事故にもびっくりさせられました。

本人が大丈夫だからと言ったからと、業務につかせたと聞き、無責任さにやりようのない怒りを感じました。

私は、往復の飛行機だけのツアーなどは利用しますが、バスのツアー旅行は利用頻度が多くありません。

知人はツアー旅行を利用する方が多いので、ツアー旅行のようすは聞く機会が多くあります。

ツアー旅行を利用する方の多くは、行きたいところに申し込めば計画を立てないで行けるという理由と、個人で行くよりも安価に行けるということにあるようです。

私は若いときも現在も、計画を立てて宿を申込み、好きなところを重点的に見て歩くという旅行を楽しんでいるので、ツアー旅行に魅力を感じませんが、手軽に生きたいと思っている方が、もっと安心していけるような、ツアー旅行にしなければならないと思っています。

観光バスの運転手が高齢化すればするほど、長時間のバスの運転は危険が伴うのは考えればわかることです。

また、限られた時間の中での行動は、運転手にとってはかなりストレスのある仕事だと思われます。

これは観光バスの運転に限らず、運転をする方全体の問題にもかかわることですが、危険ドラッグを使用して運転して事故を起こす方も後を絶たない現状で、車自体が危険な状態と思わなければならない事態になっています。

車を乗る人全体の意識改革が急務ですが、人の命を預かっている、観光バスの運転手の待遇は考えなければならないと思わされます。

かなり前のことですが、ご主人が観光バスの運転手の知人から「家で何があっても連絡はしないからと言っておく。」と言う話を聞いたことがあります。

人の命を預かっているご主人への思いやりの気持ちが伝わってきました。

仕事によっては、何があっても帰れない人も多いことと思います。

とても大変だと思いますが、そのような覚悟を持たないとつけない仕事も世の中には多いのではないかと思います。

そのような覚悟の上でも、やってみたいと若い人が思える職場になってくれることを多くの方が願っていると思います。

私が、子供のころは「運転手」はかっこよい仕事と思っていた子供も多かったように感じています。

created by Rinker
¥1,540 (2019/12/09 08:53:31時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。


タグ

-政治・社会問題

Copyright© 本とパソコンのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.