スポンサーリンク

生き方・文化・伝統工芸品

岐阜県の伝統工芸品 美濃焼(志野焼き・織部焼・黄瀬戸)

2013年8月18日

美濃焼は主に岐阜県東濃地域で生産され、日本最大の陶磁器生産地であり、日本の陶磁器生産量の約半分を占めます。

岐阜県とかなり離れて住んでいる私は美濃焼という名前を知る前に織部焼のお気に入りの小鉢も購入して使っていました。

スポンサーリンク

岐阜県の伝統工芸品 美濃焼(志野焼き・織部焼・黄瀬戸)

若いときから陶磁器に興味があったのと、裏千家のお茶を少しかじったこと、歴史が好きだったことから千利休や豊臣秀吉が好んだ天目や楽焼の抹茶碗はあちこちの博物館などを興味深く見ていました。

その後織部や白志野の抹茶碗が多く使われましたが、それが美濃で焼かれた美濃焼の一種であることを知ったのはかなり後になってからです。

荒川豊蔵が志野陶片を発見し、作陶を始めて志野・瀬戸黒の技法で国の重要無形文化財保持者に認定されたニュースなどを興味深く聞いていたことを覚えています。

私が住んでいた近くに益子焼があり、浜田庄司が民芸運動に加わり益子焼の名前を全国的知名度にあげたことなどからも磁器よりも陶器に早くから興味がありました。

その後、硬く焼いた美濃焼に出会い美濃焼の多様さを知ることが出来たように思います。

そしてお小遣いをためては美濃の織部焼の器や志野焼きの湯飲みなどを購入していましたが、美濃焼というのは清水焼風や有田焼などとも区別がつかないくらいさまざまな焼き方や色があるようで、私たちが何焼かわからないで使っているものが美濃焼だったりするようです。

そのような経緯を持つ美濃焼は初心者から上級者まで飽きさせない作品が多く、価格も様々なようです。

スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。


タグ

-生き方・文化・伝統工芸品
-

Copyright© 本とパソコンのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.