スポンサーリンク

漆器・木工工芸品

生き方・文化・伝統工芸品

2019/3/7

宮城県の伝統工芸品 遠刈田系伝統こけし

遠刈田こけしは、頭部がさし込み式で比較的大きくなっているのに対して、胴が細目になっています。 手描きの花模様が中心で、その他、図案化された菊花や梅の模様、木目模様などが見られます。 華麗さにおいては、他の伝統こけしの中でも一番といわれています。 その華麗な風貌も愛され続けている所以なのでしょう。 宮城県の伝統工芸品 遠刈田系伝統こけし 宮城県蔵王町遠刈田温泉近くで作られているこけしで工法は同じなのでしょうが、鳴子こけしなどとは風格はかなり異なっています。 私は宮城県に住んでいた期間が比較的長かったことから ...

生き方・文化・伝統工芸品

2019/3/7

宮城県の伝統工芸品 鳴子系伝統こけし

鳴子系こけしは、首を回すとキイキイと鳴ることで有名ですが、これは頭部を胴の部分にはめ込む、独特の技法が用いられているためです。 たくさんのこけし工人がおり、伝統を守りながらも手作りの工法は作り手による個性があり、工人による人気度もまちまちのようです。 一本彫りのこけしは年月を経て、風格が出てきます。そのようなところに変わらぬ人気の秘密があるのでしょう。 宮城県の伝統工芸品 鳴子系伝統こけし 宮城県に住んでいた時は、鳴子温泉には出かける機会が多かったので、鳴子系のこけしは一番出会いが深かったかもしれません。 ...

生き方・文化・伝統工芸品

2019/3/7

群馬県の民芸品 高崎だるま

高崎だるま製造の始まりは200年ほど前にさかのぼり、山縣友五郎の発案によるといいます。 だるまは、主に達磨寺門前の豊岡、八幡周辺の養蚕農家で冬期の家内職によって作られていました。 作成された張り子だるまは、達磨寺境内で配り札と共に、正月だけ頒布されていたようです。 そして現在も高崎だるまは、少林山達磨寺のある高崎市を中心とした地域で作られ、全国生産の大多数を占めています。 群馬県の民芸品 高崎だるま だるま市は年が改まった1月に行われることが多く、大小さまざまなだるまが並べられて大勢の人でにぎわいます。 ...

生き方・文化・伝統工芸品

2019/4/18

青森県の伝統工芸品 津軽塗

津軽塗の始まりは、江戸時代初期に遡ります。 津軽藩の藩主にめしかかえられた、漆器作りの職人が始めたと伝えられています。 津軽塗は、ヒバの木を素地に、約50の工程を経て完成します。 木地に布を張り、漆下地で丈夫な漆器の基礎を作り、この上に色漆を塗り重ね研ぎを繰り返します。 最後に上質な日本産の漆を用いて丹念に磨き上げ、堅牢で優美な塗りを作り上げます。 このような工程を経た津軽塗はとても魅力的です。 青森県の伝統工芸品 津軽塗 重厚な塗りのほかの塗りのような文様を描くことはないので一見地味に見えますが、格調が ...

生き方・文化・伝統工芸品

2019/4/18

岩手県の伝統工芸品 岩谷堂箪笥

岩谷堂箪笥(いわやどうたんす)は奥州藤原氏初代清衡公が産業を奨励した平安時代末期(1100年代)に始まり長い年月を経て今に伝わる 岩手県を代表する伝統的な工芸品です。 厳しい品質管理のもと、岩谷堂箪笥生産協同組合が製造、岩手県産株式会社が総発売元となっています。 とても重厚な作りで、高価なものなので、小さな箪笥でもと思いながらもいまだに購入できない素晴らしい工芸品です。 岩手県の伝統工芸品 岩谷堂箪笥 私は宮城県に住んでいたので、岩谷堂箪笥のことは知っていましたし見たこともありましたが、私が購入できるよう ...

生き方・文化・伝統工芸品

2019/4/18

秋田県の伝統工芸品「桜皮細工|樺細工」

みちのくの小京都「秋田・角館」の桜皮細工|樺細工は私にとって忘れられない伝統工芸品です。 桜の樹皮を利用して作られるもので、非常に手間のかかる作業によってつくられています。 全国には伝統工芸品はたくさんありますが、樺細工はとても好きな工芸品です。 派手さがなくどこにおいてもマッチするのが魅力です。 小さな物入れ、茶筒、茶さじなど数十年使っていますが、しっとりと手になじんで飽きると言う事がありません。 このようなものを身近において使うことができるのは嬉しいことです。 数十年前に角館で樺細工の匠の手仕事を見て ...

生き方・文化・伝統工芸品

2019/4/18

伝統工芸品 能代春慶 飛騨春慶 粟野春慶

国内で春慶塗という名の漆器は岐阜県高山市の飛騨春慶、秋田県能代市の能代春慶、茨城県東茨城郡城里町(旧桂村)の粟野春慶等があり、この三つを日本三大春慶塗といいます。 春慶塗は板を立体的に仕上げる曲げの技法で作られ、天然の木目の美しさをそのまま活かし、透き漆と呼ばれる透明の漆が用いられます。 下地の色は黄色、紅が用いられ、完成時の色味を変えます。 伝統工芸品 能代春慶 飛騨春慶 粟野春慶を日本三大春慶塗と言われる 飛騨・高山春慶はとても有名なので、我が家で昔から使っている春慶のお盆は飛騨高山の春慶かと思ってい ...

Copyright© 暮らしの根っこー萌のつぶやき , 2019 All Rights Reserved.