スポンサーリンク


網膜剥離・眼瞼下垂・白内障手術

線が歪んで見えたことから、すぐに眼科に行ったのですが網膜の剥離が黄斑点にまで及んでいるとのこと、すぐに手術をすることになりました。

手術後の腫れと見え方のむごさ、痛みが消えなかったことから転院したことにより、バックル感染が分かりました。

バックルを外す手術のおかげで見え方も徐々に良くなりましたが、長いこと腫れが引かなかったためか、眼瞼下垂になり瞼の重さに苦労しました。

結局は眼瞼下垂の手術を受けることになりました。

視力が安定しなかったことから、のばしていた白内障の手術を受けて、やっと治療が終わりましたが、経過観察の診察は今でも受けています。

そのような体験を書いていますが、私の主感もあることから、参考程度に読んでいただきたいと思います。

スポンサーリンク

お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。