スポンサーリンク

パソコン・モバイル・家電

ブックリーダーとして欲しかった ipad mini を娘がプレゼントしてくれた

2013年7月9日

「 ipad mini (アイパッドミニ)」

娘が来たときたまたま「 ipad mini (アイパッドミニ)」の話が出て、私の誕生日もまじかだったので、誕生日のプレゼントに買ってくれることになりました。

私のパソコンから娘がカードで購入してくれたのです。

私は以前から電子ブックリーダーをほしいと思っていたのですが、使い勝手などが分からずどこのメーカーにしたらよいか迷っていたのですが、「 ipad mini (アイパッドミニ)」なら言う事なしです。

スポンサーリンク

娘からのプレゼントの ipad mini は私の宝物

遠慮しながらも思いがけなく「 ipad mini (アイパッドミニ)」が手に入ることになり、嬉しくてたまりませんでした。

到着までに2週間くらい時間かかると言う事でしたが、次の日にスマートカバーが着いたのにはびっくりしました。

「 ipad mini (アイパッドミニ)」カバー

カバーだけでは何もできないので、到着を待ち到着後早速立ち上げることにしました。

「 ipad mini (アイパッドミニ)」

パソコンのほかは使ったことがなかったのですが、「 ipad mini (アイパッドミニ)」は本体だけで設定法などの説明書は一切ついてこないので、Web ページを見て何とか立ち上げ、やっと使えるようになりました。

わが家のパソコンは光ポータブルで繋いでいるのですぐにネット通信ができました。

早速、電子ブックリーダーとして使ってみることにしました。

電子ブックはネットですぐに購入できるので書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】から早速購入しました。

「 ipad mini (アイパッドミニ)」は使い慣れていない上に文字が小さいのでパソコンから購入、iTunes でアプリを入れて>「 ipad mini (アイパッドミニ)」ダウンロードすると本が読めるようになります。

hontoのアプリは文字の大きさ本の色などかなり自由に設定できるので、大きな文字でバックをセピア色にするととても読みやすくなりました。

また「iTunes Store」 には無料の本などもあり好みのものがあったら無料でダウンロードして読めるのだからとてもうれしいです。

「あおぞれ文庫」には、著作権切れになった懐かしい本がたくさんありこちらも無料でダウンロードできます。

思っていた以上に嬉しい「 ipad mini (アイパッドミニ)」のプレゼントでしたが、2ヶ月もしないうちに網膜剥離で入院、手術をすることになってしまいました。

目の手術でなかったらじっくり読書ができたのですが、目ではどうしようもないと思いながらも入院用品の中に「 ipad mini (アイパッドミニ)」は忍ばせていました。

本に夢中になって感動していたので、音楽までは手が回らず何も入れていなかったのですが、娘が持ち帰って私の好みの音楽をたくさん入れてきてくれました。

ただ寝ているほかはない病室で好きな音楽が聞けたのですからとても優雅でした。

小さなラジオもありましたが、「 ipad mini (アイパッドミニ)」の音はとても良くてラジオを聞く気にはなれませんでした。

退院して視力が無くなってしまった私には紙の文字はとても読みにくかったのですが、文字を拡大出来る電子書籍で本が読めたこともとてもありがたいことでした。

もう小さな文字の本は読めなくなるかもしれませんが、今の私に電子書籍があることは至上の喜びです。

専用のケースも購入して、どこにでも持ち歩いています。


「 ipad mini (アイパッドミニ)」専用ケース

このケースは青く見えますが、光っているために色が移っているようで本当は黒です。

下のケースはこれと同じものです。 専用カバーを付けた状態でぴったりで、落ちることもありません。

バックの中で他のものと擦れることもなくとても快適です。

スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。


タグ

-パソコン・モバイル・家電
-

Copyright© 本とパソコンのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.