スポンサーリンク

生命・医療・損害保険

3大(特定)疾病保障定期保険と利率変動型終身保険

2017年9月19日

3大疾病とは「がん」、「脳卒中」、「急性心筋梗塞」ですが、3大(特定)疾病保障定期保険に加入していれば、死亡もしくは高度障害状態にならなくても、3代疾患にかかり、所定の要件を満たせば保険金を受け取れる保険です。

また、利率変動型終身保険は、一定期間ごとに予定金利が変わる保険なので、それらの仕組みを理解して入る必要があります。

保険はその時々の状況によって良い保険の条件も変わるのでかなり難しいところがあることから、生活スタイルに合わせて選ばなければなりません。

ここではその仕組みを説明しています。

スポンサーリンク

3大(特定)疾病保障定期保険と利率変動型終身保険

定期保険は死亡、高度障害になった時に受け取れる保険ですが、「がん」、「脳卒中」、「急性心筋梗塞」になってい低条件を満たしたときにうけとれる保険で、多くはの方は定期保険特約付終身保険や利率変動型積立保険などの特約として加入しているようです。

3大疾病で、働けなくなった時に経済的に助かる保険ですが、支払要件が満たしているのに、請求していない方もあるとのことですので入っている保険を念頭に入れて、請求漏れがないようにすることが肝要です。

通常の終身保険は、契約時の予定利率が保険期間を通して適用になりますが、利率変動型終身保険は、一定期間ごとに予定金利が変わります。

いずれにしても終身保険は、相続対策などでいつの時点で死亡しても保険金を残したい理由がある人向けの保険で、資産形成途上の人には向かないようです。

3大(特定)疾病保障定期保険とは

定期保険は死亡、高度障害になった時に受け取れる保険ですが、3大(特定)疾病保障定期保険はそれに加えて、「3大(特定)疾病にかって所定の要件を満たしたとき」にも受け取れるます。

単体でも加入できますが、多くはの方は定期保険特約付終身保険や利率変動型積立保険などの特約として加入しています。

3代疾患とは「がん」、「脳卒中」、「急性心筋梗塞」のことです。

この保険に加入していれば、死亡もしくは高度障害状態にならなくても、3代疾患にかかり、所定の要件を満たせば保険金を受け取れます。

だだ、保険金が受け取れるのは一度限りで、保険金が支払われた時点で契約は終了します。

支払要件が複雑なため、支払要件が満たしているのに、請求していない方もあるとのことですので気を付けた方が良いようです。

利率変動型終身保険

通常の終身保険は、契約時の予定利率が保険期間を通して適用になりますが、利率変動型終身保険は、一定期間ごとに予定金利が変わります。

予定利率が上がれば保険金や解約払戻金が増加し、増加した保険金や解約払戻金はその後予定金利が下がったとしても減らされません。

最低保障金利が設定されているため、どんなに市中金利が下がっても、契約時の保障金や解約払戻金は保障されます。

通常の終身保険よりも貯蓄性が期待されるという人もいますが、保険料の中には死亡保障コストや保険会社の諸経費が含まれています。

終身保険の商品の仕組みと終身にわたっての保障の必要性を考えての加入することが大切です。

いずれにしても終身保険は、相続対策などでいつの時点で死亡しても保険金を残したい理由がある人向けの保険で、資産形成途上の人には向かないと思います。

created by Rinker
¥1,430 (2019/11/14 02:52:18時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク


お越しいただきありがとうございます。不備な点、疑問点、間違いなどありましたらお手数でもお問合せよりお知らせ頂ければ嬉しく存じます。


タグ

-生命・医療・損害保険
-

Copyright© 本とパソコンのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.